リバース 新品・中古釣具の釣具通販 パソコン版を見る
HOME ショッピング 中古買取 リバースCh 問い合わせ

何があってもひたすら巻き続けろ!

マダイのアタリはさまざまですが、重要なのはアタリがあっても何もせず、ただロッドに重みを感じるまでそのまま巻き続けることです。
何度もアタってくるマダイに対して、釣り人の性なのか思わずアワセたくなってしまいますが、そこをぐっとこらえて我慢します。
また、乗り切らないアタリに対して、鯛カブラの巻くスピードを緩めたりするとマダイに見切られてしまうので注意してください。

ロッドに十分重みが乗った後も、さらにそのまま巻くだけで構いません。
ほとんどの場合は、マダイが鯛カブラをくわえて反転したときに、向こうアワセでフッキングしています。

鯛カブラ入門 目次

魚種&スタイル別入門INDEX
ログイン お知らせ 欲しいものリスト マイページ ショッピングカート