リバース 新品・中古釣具の釣具通販 パソコン版を見る
HOME ショッピング 中古買取 リバースCh 問い合わせ

ハンドルの回転数を数えよう

底からマダイのいるタナへ鯛カブラを通すためには、ハンドルの回転数というものが重要になります。

まずは鯛カブラを底まで落とし、着底後は素早く巻き上げます。
これは根掛かりを防止するためのほかに、フォーリング中の鯛カブラをマダイが追っていることが多く、着底後、素早く巻き上げないと見切られてしまうからです。

使っているリールの糸巻上げ量が70cmの場合、底から14mのタナを狙うには、底を取った後、ハンドル20回転分を巻く範囲がマダイのいるタナとなります。ただし、その時の潮の流れによっては、多少ラインが流されている場合もあるので、少し多めに巻き上げる必要があります。

鯛カブラ入門 目次

魚種&スタイル別入門INDEX
ログイン お知らせ 欲しいものリスト マイページ ショッピングカート